NEWS 新着情報

スクスタストーリー Second Seasonで 振り返る! ~自分らしく、もっと高く~

2021.04.02

本日の生放送でご紹介させていただいた、Second Seasonの振り返りを
改めてさせていただきます!

スクスタストーリー Second Seasonで 振り返る!
~自分らしく、もっと高く~

先日配信された、ストーリーの「25章」では、ニジガクの3年生を中心としたストーリーが
展開されました!

そこで!今回は、「23章から25章」までのストーリーを、
3年生に焦点を当てて 振り返っていきたいと思います!

それでは!まずは「23章」から!

「23章」は“愛ちゃん”と近所のお姉さんの“美里さん” が 話をしているところからはじまります。
その会話のなかで“愛ちゃん”が部に所属した理由が明かされました。
一つは『知らないまま否定したくなかった』ということ。

そして一番の理由は『同好会のみんなと本気で勝負して勝つために、
新しい場所でパワーアップしたいから』ということでしたね。

そうして“愛ちゃん”は、ニジガクのスクールアイドル同士で
「トーナメント形式でライブ対決を行う校内合同イベント」を企画します!

それぞれのメンバーが校内合同イベントに向けて準備を進める中、
“果林ちゃん”は“エマちゃん”に何度も声をかけようとするのですが、
なかなかうまくいきません。

“果林ちゃん”は、“エマちゃん”含め同好会のみんなを納得させるために、
さらにトレーニングに励みます。

そして最後に、合同イベントのトーナメントの組み合わせが決まって「23章」が終わりました!

「23章」では“愛ちゃん”や“果林ちゃん”がどんな気持ちで部に所属したのか、同好会メンバーに対して
どんな想いを持っているのかが明かされました。

“愛ちゃん”と“果林ちゃん”、負けず嫌いの2人がそれぞれ直面している壁にどう立ち向かっていくのか、
ぜひプレイして体験してくださいね!

さて!「校内合同イベント」では、どんな展開が待っているのでしょうか?

「24章」を見ていきましょう!

ようやく始まった「校内合同イベント」!
1回戦で“愛ちゃん”は“璃奈ちゃん”と。“しずくちゃん”は“ランジュちゃん”と。
“せつ菜ちゃん”は“栞子ちゃん”と。そして、“果林ちゃん”は“かすみちゃん”と勝負をするのですが、
結果は“かすみちゃん”の勝利でした。

“エマちゃん”と“彼方ちゃん”は負けてしまった“果林ちゃん”を心配しますが、
ステージのあと“果林ちゃん”の姿は見えません。
同好会メンバーは、負けず嫌いの“果林ちゃん”ならどこかで特訓をして
いるのだろうと考えるのですが“果林ちゃん”は一人、部屋で落ち込んでいました。

特訓を重ねてレベルアップしたはずなのに、何故…。
これまでやってきたことに悩む“果林ちゃん”。
そんな気になるシーンで「24章」が終わりました。

と言うことで!
「24章」では「校内合同イベント」を通じて、
それぞれのメンバーがパフォーマンスで勝負をしていきます。

各メンバーのステージがどんな内容なのか、
勝負の結果はどうなるのかはぜひストーリーを読んで確かめみて下さい!

特に“愛ちゃん”と“せつ菜ちゃん”の勝負があるのですが、
バトル漫画のような熱い展開が繰り広げられるので要チェックですよ!

さて、壁にぶつかり苦悩する“果林ちゃん”は、一体どうなってしまうのでしょうか?

それでは、「25章」を見ていきましょう!

「校内合同イベント」を経て、“果林ちゃん”は、
もっともっと上に行くために努力を続けていたのに、
どうして負けてしまったのかをずっと考えていました。

“愛ちゃん”はそんな“果林ちゃん”を心配し“エマちゃん”から声をかけてもらう
ようにお願いします。

“エマちゃん”は“果林ちゃん”の部屋を訪れ、
『部に行ってからの果林ちゃんのパフォーマンスは前みたいにワクワクしない。
前の果林ちゃんのパフォーマンスのほうが好き』という話をします。

けれど“果林ちゃん”には、その言葉が『完成度の低い自分の方がいい』と聞こえしまい
“果林ちゃん”と“エマちゃん”はまたすれ違ってしまいます。

学校を休んでいた“果林ちゃん”を心配して寮へと向かったあなたは、
“果林ちゃん”から“エマちゃん”と言い合いをしてしまった話を聞きました。

“果林ちゃん”が悩む一方で、
同じく“エマちゃん”も“果林ちゃん”とのことを“彼方ちゃん”に相談していました。
そのなかで“エマちゃん”は自分の思うスクールアイドルの理想は、『見てくれるみんなと、向き合うこと』だと話します。

“エマちゃん”のスクールアイドルに対する熱意と、
“果林ちゃん”に対する思いを知った“彼方ちゃん”は、2人の気持ちをもう一度繋げるため、
ひと肌脱ぐことを決意します。

“彼方ちゃん”がとった手段は、
なんと“妹の遥ちゃん”のライブに“果林ちゃん”を連れていくことでした。
“遥ちゃん”のライブを観た“果林ちゃん”は、「ステージはスクールアイドルだけが
作っているんじゃない。スクールアイドルと見てくれるみんなで作るもの」
だということに改めて気づきます。

そして“遥ちゃん”のライブの後“彼方ちゃん”は“果林ちゃん”を“エマちゃん”が
ライブしている公園へと連れていきます。
“エマちゃん”の歌を聞き、その優しさに心打たれた“果林ちゃん”は、自然と涙を流していたのでした。

“エマちゃん”にきつくあたってしまったことを後悔していた“果林ちゃん”
と、“果林ちゃん”を責めてしまったことを深く後悔していた“エマちゃん”。
二人は“彼方ちゃん”のサポートのおかげでもう一度気持ちを繋げる
ことができました!

今回の一件を受けて“果林ちゃん”は目指すスクールアイドル像を改めて考えます。ただ上手いだけじゃない、見てくれる人にとって『誰よりも好きになってもらいたい』。
そんなまっすぐな気持ちで“果林ちゃん”はライブをします!

ライブ後の反響は大きく、応援してくれる人たちがたくさんいることに心強さを感じます。
そして“果林ちゃん”は、みんなから応援してよかったと思われるスクールアイドルに、
一番愛される存在になることを決意しました!

と言うことで!
「25章」はスクールアイドルへの想いをめぐって、すれ違ってしまうこともありましたが、
3年生はお互いのこともっと
話し合える友達になることができました。

そして“果林ちゃん”は今回の出来事を通して、自分らしく、
もっと高みを目指していくことを決意することが出来たのでした!

今日はとっても簡単に紹介してしまいましたが
『まだストーリーを読んでいないよー!』と言う方は、
ぜひスクスタをプレイして、『あなた』の目でじっくりと読んでみてくださいね!
ニジガクメンバーについて、より深く知ることが出来ますよ!